焼却処理事業

廃棄物をまとめて焼却処理が可能です。
排気ガスやダイオキシンを軽減させ、
環境にやさしい施設です。

焼却処理施設の紹介

熱焼却処理施設

階段炉床撹拌式という珍しい方式の焼却施設です。
稼働運転24時間の許可を有しており、連続運転することで作業立ち上げ時、
作業停止時の冷却運転時に排出される排気ガスを減らし、
ダイオキシン等の環境負荷軽減に努めております。

医療廃棄物、プラスチック、繊維くず、その他混合廃棄物等の廃棄物処理

処理能力 14.64 t/日(8h)

熱焼却処理

ページの一番上へ

熱焼却処理が可能な廃棄物

  • 汚泥汚泥
  • 廃油廃油
  • 廃プラスチック廃プラスチック
  • 紙くず紙くず
  • 木くず木くず
  • 繊維くず繊維くず
  • 動植物性残さ動植物性残さ
  • ゴムくずゴムくず
  • 感染性産業廃棄物感染性産業廃棄物
  • 特管廃油(条件あり)特管廃油(条件あり)
  • 金属くず金属くず
  • 混合廃棄物「ガラスくず、コンクリートくず(工作物の新築、改築または除去に伴って生じたものを除く。)および陶磁器くず」(自動車等破砕物を除く。)

汚泥、廃油、廃プラスチック類、紙くず、木くず、繊維くず、動植物性残さ、ゴムくず、感染性産業廃棄物、特管廃油(条件あり)、金属くず、
「ガラスくず、コンクリートくず(工作物の新築、改築または除去に伴って生じたものを除く。) および陶磁器くず」(自動車等破砕物を除く。)
(これらのうち特別管理産業廃棄物であるものを除く。) 以上11種類

ページの一番上へ